ルイヴィトン社の歴史

2016年2月4日

世界的にも高い人気を誇るラグジュアリーブランドの1つに、フランスのルイヴィトンがあります。

ブランドとしては1854年に荷作り用木箱製造兼荷作職人であったルイ・ヴィトンによって世界最初の旅行鞄のアトリエとして創立されており、発表される製品とブランド名は、広く世界でも知られています。

創業者となるルイヴィトンは、1821年にスイスとの国境に近いジュラ山脈アンシェイ村で生まれており、家庭の事情から家出をした後にパリで荷造り用木箱製造兼荷造り職人の見習いになっています。
ここでのトランクの考案がルイヴィトンの鞄作りの基礎となっており、素材にはこれまでの皮と違い、より軽い防水加工を施したグレーの無地のコットン材となるグリ・トリアノン・キャンバスが使用されています。

トランクは大好評を博し、1896年には、コピー商品対策として世界で初めてモノグラム柄のアイテムを取り入れており、ここで使用されたLとVによるデザインは、現在においてもルイヴィトンの象徴となっています。
1987年にはヘネシー社と合併し、モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトングループの一員となりますが、その後、1997年にはアパレル分野へも進出し、発表された作品は機能的で実用的なものとして大好評を得ることになります。

現在においてはバッグ分野の伝統を重視しながらの新しい商品を次々に発表を行っています。

使わなくなったヴィトンのアイテムはコチラのヴィトン買取専門店などに売ると便利です。

高値でルビー買取してもらうには

2015年10月26日

大切に扱ってきた魅力あるルビーを買い取ってもらいたいと言う希望がある場合、お店の選び方で大きく、査定額が変わってくることがあります。

たとえば、宝石買取も多数の実績があるブランドファンであれば、40万円の査定額になるルビーでも、他社では、32万円の査定になることもあります。

これだけでも、ブランドファンであれば高値で買取をしてもらえることが分かるでしょう。

実際に、このケースのように8万円もの買取額の差が出ると知っておくと、より買取店を慎重に選ばないといけないと言うのが納得できるはずです。

ブランドファンなら、確かな鑑定が出来る上に流通ルートも多数あり、それだけ売買の実績があり、出来るだけ高値を目指せるお店ですので、これからルビーの買取を検討している方には、まず、ブランドファンで鑑定をしてもらうことをお勧めします。

店頭、宅配、出張と3つの買取方法から便利な方法を選べるので、便利に利用が出来るのもブランドファンならではの特徴です。

さらに、ブランドファンでは、お手持ちのルビーに合わせて他の宝石やバッグ、時計なども一緒に査定してもらうと、さらに、買取額が上がる仕組みなので、一度、試してみてはいかがでしょう。

デイトナの誕生

2015年9月14日

1960年代、NASAの宇宙計画がスタートした頃、デイトナは生まれました。

ロレックスのデイトナは、ロレックスにおける人気ナンバーワンモデルと言われています。

男心をくすぐるその魅力は、永遠であります。

宇宙とモータースポーツ、それは男性の憧れではないでしょうか。

そんな永遠の憧れをモチーフに誕生したのがデイトナです。

1960年代、モータースポーツと宇宙という夢を託され生まれたクロノグラフです。

デイトナは正式名称をオイスターパーペチュアル・コスモグラフ・デイトナとされ、世界中で多くの人々に愛されています。

そもそもロレックスがクロノグラフの製作をスタートさせたのは1930年代でありました。

ロレックスが黎明期と言われた時代には、クロノグラフムーブメントを専門に製作していたバルジュー社によって作られたキャリバー22などを使ったクロノグラフで、デザインやケースの形状などもバリエーション豊富に用意していました。

1950年代になると、初代のデイトナに使われていたバルジュー社のキャリバーと同じものを使ったモデルが発表され、1960年代に入り、ロレックスからようやくコスモグラフ・デイトナとして初代デイトナが正式に発表されることになったのでした。
ロレックスファンでは買取詳細ページなどもありますので是非ご参照下さい。

ヴァンクリーフ&アーペルの時計製造の技術

2015年7月28日

ウォッチメイキングの実力も伸ばしているヴァンクリーフ&アーペルは、その織りなすクリエイティブな機構以外にも、エナメルなどを用いてダイアルを装飾する手法が高く評価されています。

同社は、美的技法を使うためにデザインしているのではなく、あくまでデザインが優先であり、それを美しく表現するために、どの技法が最適であるのかを決めていると語っています。

これは、ヴァンクリーフ&アーペルがジュエラーとしての信念を貫き続けている証拠ではないでしょうか。

しかし、世界には優秀な美術品や工芸品、また腕時計のメーカーが数多く存在し、美的技法は決してヴァンクリーフ&アーペルだけが持っているものではありません。

日本では、漆工芸の蒔絵が例に挙げられるでしょう。

ヴァンクリーフ&アーペルは、いつもそれらの情報を収集し、自らの時計製造技術の向上に活かしているのだそう。

出来上がったデザインにベストな美的技術が見つからなかった場合、それが実際に製造されることがないとまでいわれています。

ヴァンクリーフ&アーペルが今語る次のウォッチメイキングにおける目標が、カラーが変わっていくダイアルの製造だそうです。

詩的情緒を時計に込めるヴァンクリーフ&アーペルは、一日の時の流れを、変わっていく色で日の出や夕焼けを表現したいと語っています。

このロマンチックな時計製造への想いが、世界中の人々を魅了してやまない何よりもの理由となっているのではないでしょうか。

こちらのヴァンクリーフ&アーペル買取なども見ると参考になります。

カルティエは憧れのブランドです

2015年1月14日

カルティエは、フランスの高級ブランドで、エドワード7世に「王の宝石商、宝石商の王」と呼ばれた名門ブランドです。

もともとは、ジュエリーブランドでしたが、現在は時計、革製品、ライター、筆記用具なども扱っています。
カルティエは、ハリーウィンストン、ティファニー、ブルガリ、ヴァンクリーフアンドアーペルと並んで「世界5大ジュエラー」と呼ばれることもあり、また王族御用達ジュエルブランドとしても知られています。
カルティエの代表的な製品に「トリニティ・リング」があります。

愛を表すピンクゴールド、忠誠を表すイエローゴールド、友情を表すホワイトゴールドでできた3連のリングで、フランスの芸術家ジャンコクトーが嵌めていたことで有名です。
また、「サントス・ウォッチ」は、飛行家アルベルトサントスデュモンから飛行中でも操縦桿から手を離さなくても見ることができる時計を、との依頼を受けて作られましたこの時計は、世界初の腕時計として知られています。
「ラブ」シリーズは自由な愛と絆を象徴するジュエリーです。

その中でも有名なブレスレットは、手首に寄り添うフラットな輪にグラフィカルなビスがあしらわれており、ゴールドのスクリュードライバーで開閉するものです。

非情に人気の高いブランドですのでポメラート買取ショーメ買取のようにカルティエ買取も高額で取引されています。

ゴローズ創設者の努力

2014年8月17日

インディアンジュエリーを代表するブランド、ゴローズ。

その創設者である高橋吾郎氏は自らインディアンに憧れ、インディアンジュエリーを愛し、その情熱をシルバーアクセサリーに込めゴローズというブランドを立ち上げました。

元々手先の器用だった高橋氏は、物を作ることに高い関心を持っていました。

レザーから始まり、ベルトやバッグを自作するほどの腕前でした。

アメリカに渡った高橋氏は、そこでインディアンと出会います。

スー族、というインディアンに出会い、彼らの物づくりの素晴らしさに肌で触れ感銘を受けたことをきっかけに、直接インディアンアクセサリー制作について学ぶため、高橋氏はスー族に加わります。

生活を共にし、厳しい習慣や文化を体験し、インディアン達に仲間の称号を与えられます。

正式にインディアンとして認められた高橋氏は、彼らからインディアンアクセサリー制作をじかに学び、帰国後自らのシルバーアクセサリーブランド、ゴローズの立ち上げに尽力しました。

ゴローズが長年変わることなくファンに愛され、支持されてきたブランドとなった背景には創設者高橋氏の血のにじむ努力があったのです。

彼が経験から作り出す洗練されたデザインと、一つ一つが唯一無二のものとして作られる手作りのアクセサリーであるということはもとより、彼のインディアンを愛し、ジュエリーに込める信念や情熱こそがファンの心をつかみ、ゴローズが正統派インディアンアクセサリーとしてトップを走り続けてきた最大の理由なのです。

渋谷のBRINGではゴローズ買取に力をいれていますので興味があれば覗いてみてください。

珊瑚のお手入れ

2014年8月1日

宝石の珊瑚ってとてもキレイですよね。

宝石のお店も気軽に立ち寄れるような雰囲気の所が増えてきましたので、宝石も身近になってきましたよね。

珊瑚に興味がありましたので、珊瑚について調べてみました。

珊瑚の主成分は炭酸カルシウムだそうでして、 その為酸に溶けやすい性質があるそうです。

そして珊瑚の硬度は人の歯の硬さと同じくらいだそうで、汗などには注意が必要となっていますので、扱いには気を付けましょう。

手入れの仕方としましては、汗などに弱いという事もあり、やわらかい布などで丁寧に汚れをふき取ってあげることが大切です。

そうすることで光沢が長持ちするどうでして、とても良いお手入れの方法としておススメです。

もし、お手入れいている時にお手入れしていても光沢があまりなかったり、色が白くなってきたかもしれないと、何かいつもと違った感じがした場合には職人さんによって磨いていただく必要がありますので、その際は専門家の方にお願いしましょう。

それほどデリケートなものですので、扱いには注意して使いたいものですね。

また、サンゴの歴史は深く日本では高知県産のモノが有名です。

高知県産の血赤珊瑚はトサの名前でも世界的に有名ですが、今日ではほとんど採取されていないほど貴重なものになってきているそうで、これからもトサの珊瑚はさらに価値をあげていく可能性があると思われます。

調べていくうちにどんどん珊瑚に惹かれていくので、私も珊瑚の宝石が一つ欲しくなりました。

コチラコチラでは珊瑚や翡翠の買取を行っておりますので興味があれば覗いてみて下さいね!

時計は時間を知らせるだけじゃない。

2014年7月16日

多機能時計とは。

近年、精密機械は急速に進歩しておりこれに伴って時計の機能も進歩しています。

いわゆる多機能時計とは時計以外の機能がついたもののことを言いますが、ストップウォッチやタイマー機能、アラーム機能などの時間を知らせる機能だけではありません。

現在では、製品によって異なりますが、高気圧防水、防塵、防泥、気圧計、水深測定器、温度計、電波時計、太陽電池や超硬質コーティングなども採用されています。

また、最近のマラソンやランニングのブームで登場した多機能時計が心拍時計です。

心拍時計は、腕に装着するだけで心拍数を測定することができます。

発売当初は一時的に測定できる機能でしたが、最近では心拍を断続的にモニターできるようになっています。

しかも、Bluetoothを利用して測定データをスマートフォンに転送する機能もついています。

製品によっては運動中の平均心拍数と目標心拍数で運動した時間も転送することが出来るようになっています。

また他にも、睡眠サイクルを判断しすっきり目覚めることが出来るようタイミングを図って起してくれるスリープトラッカー機能がついたものもあります。

多機能時計とは、もはや現代人にとって身近で便利な存在となってきていると言えるでしょう。

コチラのウォッチファンでは様々な時計の買取を行っておりますので是非、ご活用下さい。

居抜き売却時の敷金承継同意

2014年7月7日

賃貸運営している物件で、借主が入居している状態のまま、居抜き物件売却を行うといった場合には、対象物件に対して存在している賃貸借契約上、きちんとケアしておかなければならない点があります。

それは賃貸借契約において借主から差入れされている敷金についてです。

本来、借主との契約にて敷金承継が約定されていない場合、居抜き売却成立後に敷金返還債務から賃貸人(元の所有者)が確実に免責されるためには、新たな賃貸人(売却先)と借主を含めた三者間で敷金承継について覚書を結ぶなどすることが必須となります。

これを行わないと、居抜き物件の借主から見た場合、敷金を返せと言える相手が新旧賃貸人の双方になってしまい、元の所有者は既に敷金を新所有者に引き継いでいたとしても、法的には免責されない状況となってしまうのです。

よって、借主のいる状態で居抜き物件売却するのであれば、敷金承継について確実に覚書等で関係者合意を形成することが肝心なのです。

このように敷金の法的な権利関係の話などは、よほど詳しい方でない限り、通常は認識できていないのが普通だといえます。

企業の法務部門などであれば、居抜き物件の売買取引の際には、必ず敷金承継同意書を締結するのが常識となっていますので、個人として取り引きする場合にも、必ず締結するようにしましょう。

なお、敷金承継同意書ですが、不動産会社担当者へ用意して貰うことも可能ですし、それが無理な場合にも、コチラなどインターネットで検索すれば、比較的簡単に雛形は入手できるものと思われます。